【裏側】キャリアアップへ向かう道が必ずしも「正解」ではない!

体験談

キャリアアップで踏みした将来設計

私は同じ職場で6年ほど勤めていたのですが、キャリアアップを行うために転職しました。
転職先は同業種の別職種です。

「この転職が上手くキャリアアップにつながれば、収入もより安定するし、何より自分の将来設計を順当に進められる」と、久しく感じていなかったワクワクを感じていました。

ところが、思いもしなかった方向で自分の将来設計が崩れ去っていくこととなります。

知りもしなかった会社の実情・裏側

キャリアアップのために転職した会社ですが、これが見事なまでにブラック企業だったのです。

まず、「出張が土日と被ったときは平日に振替できる」ということだったのですが、これができないとのこと。正確に言うと、できないというより、不可能であることが分かりました。

さらに、出張は数か月に一回とかではなく、一か月に一回のペースであるとのこと。
これに加え、ブラック企業の定番「残業が多い」です。

私が最も悲しいと感じたのが、福利厚生に育児休暇があるにも関わらず、あまり取る人がいないという残念な事実でした。

同棲中の彼氏に応援してもらっての転職だったのに、何と言えばいいんだろう。そんなことばかり考えていました。

後戻りと前進

ブラック企業に入社した後は、「キャリアアップ転職!」とか考えていた自分をビンタしてやりたい気持ちでいっぱいでした。
前の職場には恥ずかしくて戻れないですし、短期間で辞めるのは気が引けて仕方なかったです。

ですが、今は自分一人だけの人生ではないうということもあり、やむを得ず転職を決意することになります。

そして結果的に転職したのは前職と同じ業種で同じ職種。要するに、完全にただの後戻りとなったわけです。

でもまぁ、新しい経験を積んだという意味では前進にもなったのかな?と思います。

何より大きな学びになったのは、会社の実情をしっかりと把握することの大切さでしょうか。

「残業はありますか?」「出張は多いですか?」みたいな聞きづらい質問は、すべてその会社をよく知るエージェントさんに聞けばよかったのです。

それを知っていれば、キャリアアップも成功していたのかな…

【2020年版】コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

タイトルとURLをコピーしました