【運否天賦】転職活動の行く末を「占い」で決めてみた結果!

体験談

次こそは失敗したくない2つの選択

私が新卒だった頃は売り手市場だったということもあり、合計で5つの内定をもらいました。
ありがたくも選べる立場だった私は浮かれており、今思えば正常な判断ができていなかったのだと思います。

社会人の第一歩として選んだのは営業職で、「一部上場を今年に控えたイケイケの会社」でした。
社員の方々はキラキラしたように見えたし、何より会社の華やかさに惹かれたのです。

しかし、実際に入社してみると、ただゴリゴリと営業していくだけの会社でした。
体育会系であるところだけは自分に合っていたのですが、その先の未来が全く想像できなかったのです。

そうして不安にかられた私は第二新卒の枠を狙って転職活動に移ります。

転職期間を長引かせたくなかったので、転職エージェントに相談してスピーディーに進めていく体制をとりました。

そして売り手市場の恩恵を引き続き受け、2社から内定を貰えたのですが…

転職活動の行く末を占ってみた

内定をもらえた2社にはどっちとも一長一短があり、選べずにいました。
以前に選択を失敗したということもあり、自信がなかったのもあると思います。

そんなことを前職で仲の良かった上司に相談したところ、「占いをしてみたらどうか?」というアドバイスをもらいました。

最初はネタとして受け取ったのですが、「大企業のCEOなんかは腕のある占い師に相談する」という話を聞いたことがあったため、実際に相談してみることに。

ここから少し長かったので割愛するのですが、結果的に占い師から言われたのは、

「どちらか片方を選ぶべき」
「これから半年以内に良い企業との出会いがある」

という2つのアドバイスでした。

アドバイスのようでアドバイスではないような解答をもらい、「自信をもってどちらかを選べばいいんだな」ということで、最終的には選択肢にあった片方の会社を選びました。

良い会社との出会いはあるのだろうか

まだ半年経っていないので、良い会社かどうかは分かりません。

ですが、今の会社には満足しています。
これも占ったからこその成功なのかもしれませんが、次の転職から占いに頼ることは無いと思います(笑)

それは結局、最終的な判断をするのは自分ですし、自ら選択することもまた経験の一つになると感じたからです。

ただ、「事前のリサーチが大切な選択をする際に重要であること」は間違いないと言い切れますね。次に転職するようなことがあれば、必ず念頭に置いておこうと思います。

【2020年版】コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

タイトルとURLをコピーしました