時間との戦いだった「初めての転職」【地元の中小企業から大手企業へ】

体験談

次の仕事に就くまでに2年かかった

私は学校を卒業して、最初の会社を3年ちょっとで退職しました。
3年を過ぎると、退職金が出ることが分かっていたので、その時に辞めようと思いました。

最初の会社へはなんとなく入社してしまい、やりがいを見つけられないまま、無駄な時間を過ごしているような気分になっていました。
また、職場の先輩も辞めて行く人が多かったので、私も長くは居たくないと思っていました。

しかし、実際に辞めたのは良かったのですが、その後、次の仕事が決るまで2年もかかってしまいました。
その間はアルバイトをしながら、就職活動をしていました。

年齢的にも若かったので、条件を言わなければ、どこかにすぐに再就職できたかもしれません。
ですが、前職の失敗があったので、2度目の就活は慎重に行こうと思いました。

結果的に納得のいく会社に再就職できたので、この転職は成功したと思っています。 

地元の中小企業から大手企業へ

最初に勤めた会社は地元の中小企業でした。
地元では名前が知られた会社でしたが、労働条件があまり良くありませんでした。

休みも少なかったうえに、給料も安かったのが不満でした。
それでも事務職で採用されるのは難しかったので、条件は二の次に考えていました。

最初の会社で3年ちょっと事務の仕事を経験したので、それを生かせるような仕事に再就職したいと思っていました。
今度は福利厚生が充実していて、労働条件が前職よりも良いところを希望していました。

ですが、地元の大きな会社ではコネ入社などが多く、とても中途採用してもらえるような状況ではありませんでした。
そのため、いろいろ考えた末に、地元の枠を取り払い、全国規模の会社の営業所、もしくは支店に再就職しようと思いました。 

腑に落ちる会社に転職した

その読みが当たったようで、考え方を変えてからは、就職活動がスムーズになりました。
その中で受けた会社から内定を頂きました。

働きやすそうですし、条件は良かったのですが、自分の中で、なんとなく腑に落ちないところがありました。
そのため、その会社へは残念ながら辞退を申し出ました。

少し後悔はありましたが、次の会社を探しました。
その会社の求人情報を見つけた時、自分の中でピンとくるものがありました。

結局、その会社に再就職することができました。
収入も上がり、休みもしっかりあり、福利厚生が充実している会社でした。
そのため、プライベートも充実させることができるようになりました。

時間はかかってしまいましたが、結果的に納得のいく転職が出来たので良かったです。

コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました