単調な作業に飽きて「新しい自分」に出会う!【不動産関係→ウェブデザイナー】

体験談

もともとは事務職員

転職前の仕事は、不動産関係の事務職でした。会社へ行って、自分のデスクに座りパソコンを立ち上げて、決められた作業をするというものです。ざっくり言うと、顧客のデータ入力やファイル管理、その他雑務といった感じでよく入る事務職員の1人でした。仕事は代わり映えがなく、同じような作業内容のことを毎日ルーティーンでやっていたので、慣れてしまえばとても楽な仕事ともいえます。ある日、そろそろランチの時間が迫るころ、ちょうど手元の仕事も片付け終わって時間をもてあました時に、ふと手元にある仕事用のマニュアルがわかりづらいことを思い出し、せっかく手が空いてるので自分のわかりやすいマニュアルを新しく作ろうと思い立ちました。

新しい仕事が追加される

パソコンでワードを立ち上げ、簡易的ですがわかりやすく要点がまとまったマニュアルを作成しました。自分だけが見るものなので、自分が見てわかりやすければいいという考えから、とても気楽につくりました。そして、それ以後、私はそのマニュアルを見ながら仕事をしていたのですが、ある日私のデスクの前を通り掛かった上司から、それ何?と声をかけられ、ことのいきさつを話すと、会社のシステムが今度新しくなるのでその時のマニュアルを作成してくれないかと言われ、引き受けることに。私は、マニュアルを作成すること自体はとても楽しいし、自分で何かを作るのが好きなんだと改めて思い、通常の業務内容であるデータ入力等の仕事が自分にとってつまらないものなんだということも同時に自覚しました。

転職することになる

それからは、私のもとに事あるごとに、マニュアルや何か作成するものがある時に話が入ってくるようになりました。会社のマニュアル以外にも、もっと他に何か作れるようになりたいと言う気持ちが日に日に大きくなっていきます。自分で何かできないかと調べると、1番先に目に飛び込んできたのがウェブデザイナーでした。プログラミングやデザインのスキルがあれば誰でもできる仕事です。調べていると、やはりデザイン業界はクリエイティブで色鮮やかで自由で楽しそうです。何かをゼロから作ると言うのはとても辛く、苦しい作業だと思いますが、それでも自分が望むものが作れたり、その完成を喜べたりするのはやりがいにもなると感じ、躊躇なく転職することを決められました。

コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました