保育園利用のワーママがフリーランスになることを決意!

体験談

10年勤めた職場

新卒から勤めて10年、その間に私は結婚・妊娠・出産を経験しました。
職場での人間関係はとても和やかで、仕事内容は売上予算があったので大変でしたが、やりがいを感じて頑張っていました。
次第に私だけにまかされる仕事が増えていました。
産休育休中は、頻繁に連絡を取りながら別のスタッフが担当してくれたものの、復帰後はまた私にその仕事が乗りかかりました。
幼い子供を保育園に預けて働くということは想像以上に大変でした。
何より自分自身が子供に共感しやすいタイプなために、子供が保育園をいやがって泣くと、身を切られる思いがするのです。
保育園通いに慣れても、お迎えから帰宅、食事、お風呂、寝かしつけまでのルーティーンに、仕事以上に疲れている自分がいました。

仕事のかわりは居る

私がやっていた仕事は、少し専門的で、他のスタッフが嫌がってやらない仕事でした。
ただでさえ、時短勤務で負い目を感じていた私は、他のスタッフに大変な思いをさせるわけにはいかないと思い、仕事を辞めることはできないと自分を追い詰めていました。
でも、本当にそうだろうか?と自問しました。
仕事のかわりは居る、ママのかわりは居ない。
そんな言葉を思い出しました。
遅い時間まで保育園に預けて、帰宅してからは食事の支度のために遊んでやることもできない、そんなさみしい思いをさせてまで、やるべき仕事なのだろうか。
収入のことを考えると、仕事を辞める決断は簡単ではありませんでした。
でも実際、私の体力は限界を感じていて、夫は退職に同意してくれました。

保育園に通うための自由な働き方を求めて

私の自治体では、保育園に通うためには両親の就労が条件です。
幼稚園へ転園させることは本人の負担も大きいので、保育園の継続のため転職することにしました。
再び正社員として働けば、また同じことになりかねないので、パートタイマーになろうと考えました。
しかしパートであろうと、条件に合う仕事はなかなか見つかりません。
急な子供の発熱などで迷惑をかけてしまうことも避けられないので、憂鬱になります。
就職情報誌をめくってはため息をつく日々でした。
そんな私に光がさしたのは、自営業のママ友と話した時です。
「パソコンが使えるんだから、フリーランスになったら」
長年会社勤めをしてきた私には不安も大きかったですが、ママ友のサポートを受けてフリーランスで保育園を継続することにしました。
今では明るいうちに保育園にお迎えに行き、子供とたっぷり遊んであげられます。
まだまだ収入はゼロに近いですが、時間をかけて経験を積んでいこうと明るく考えています。

【2020年版】コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました