私が職場で「戦力外である」と実感したこと

体験談

私が、新卒で入社した造船会社で戦力外であると実感したことについて

私は、将来の進路につきまして、何となく、普通科は嫌だなと言う形で、高等専門学校に入学することになりました。高等専門学校では、造船についての知識や技能を習得することができると言う学校でありましたので、自分自身としましては、この造船のスキルこそが社会で手に職を付けることに繋がると思い、高等専門学校に入学することになりました。そこで造船についての技術、技能、知識を習得することになりまして、社会に出ることになりました。私が就職した会社としましては、地元の造船関係の会社であったのですが、この造船関係の会社で、思いもしない衝撃的な体験をすることになりました。その衝撃的な体験の内容としましては、タイムカードを消されると言うことでした。

造船会社でタイムカードを半分にされると言うことを経験して

私が、信じられないと思った内容につきましては、新卒で入社しました地元の造船の会社で、確かにミスが多いことは事実でありました。無遅刻無欠勤ではあるのですが、溶接についてミスしたり、言われたことを指示通りできなかったり、もしくは、言われたことを忘れてしまったりすることが非常に多かったので、よく立ちっぱなしで叱責されるようなことが非常に多かったのです。このような状況でも、「正社員であるので、クビにはならない!大丈夫!」と思っておりました矢先に、タイムカードが出勤した際に、半分になっていることに気づきました。これは明らかな嫌がらせであると判断できるものでありました。ここから、疑心暗鬼になりまして、誰がやったのか分からない状況と、自分自身が否定されていると分かった瞬間に、自信を喪失しました。

タイムカードを半分にされてから

新卒で入社した造船会社で、タイムカードを半分にされてしまったことから、自分自身としましては、もうこの先どうやっていったら良いのか?と言う内容から、退職を決意しました。まだ20代中盤であると言うことも自分自身に味方してくれると思いましたので、私の周りでも大過半数の方々が最初の転職を経験していると言う状況でありましたので、私自身も転職をしようと思いまして転職を決意しました。私は、最初、転職するにあたりまして、大手の転職サイトが良いと思いまして、大手の転職サイトに登録して、求人を紹介して頂けることとなりました。すると魅力的な求人内容をたくさん紹介して頂ける形となりまして、私は人に接する仕事が好きであると思ったことから、引く手あまたであります、介護業界に正社員として転職を成功させることができました。

コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました