3度目の転職を考えている30代男性が思うこと

体験談

新卒で入社した会社には不満がいっぱいだった

大学を卒業して全国展開している企業に新卒採用。
第一志望ではなかったものの、志望していた業界のうちひとつに採用されたこともあり、仕事に対するやる気もありました。

しかし、入社してみると業務のほとんどが営業活動でした。
その企業の業務形態を考えてみれば「うん、まぁそうですよね」となるのですが、当時の私は企業(というか経営)に対する理解度が低かったためそれをわかっていませんでした。
結果、やりたいことができず、営業活動ばかりと感じてしまいストレスが溜まっていきました。

そんな時に仕事で知り合った人から転職先を紹介されます。
当時の仕事にストレスが溜まっており、転職を考えていたこと。また、転職先が今までと全く異なる業界であったことにも興味が湧きました。

最終的に、紹介されてから約1年後に転職。
そして自分史上最も辛い1年の開幕となったのでした。

1度目の転職で初めて気づいた「当たり前」だと思っていたこと

転職後の業務については、とにかく辛かったという感想しかないです。

転職前に聞いていた内容と違う、ということではなく、聞いていなかった内容が多い。というものでした(このへんはある程度自己責任なのでどっちが悪いとかではないと思いますが)。
とにかくチーム内で横のつながりが無い。それどころかほぼチームとして機能しておらず、作業が終わらなければ各自で頑張って終わらせましょう。と。
チームリーダーはおらず、業務に関する情報共有もなく、質問には「自分でどうにかしなさい」と言われ。

この内容は転職前の職場では当たり前のことでした。
実際のところ、転職前に「チームリーダーはこの人です」と紹介されていたため、こんなことになっていると思っていなかったというのが本音でした。
当たり前だったことがこんなにも大事なことなんだ、ということを強く感じた1年でした。

そんなこんなで、転職から1年後に現在の会社へ再転職となりました。

2度目の転職。そして3度目の転職へ

現在の会社へ転職して現在7年目。3度目の転職を考えています。

3社目ということもあり、過去2社に対して抱いていた不満や不安は少ないです。
ではなぜ転職を考えているのかというと、現在の会社が出向業務を基本としているからです。
もっと正確に言えば、出向期間が短く、出向先の業務内容に幅が非常に大きいからです。

上記の内容を補足するため、私が感じたメリットとデメリットを挙げていきます。

メリット
・様々な現場で作業をしているため、相応に様々な情報/知識を持っている

デメリット
・短期間でひとつの現場が終了するため、割り振られた作業をするだけになることが多い
・出向先の業務内容に幅が大きいため、過去に習得した知識/経験が役に立ちにくい
・作業者として業務を行うため、マネジメント能力が身に付きにくい(基本的に出向先の社員が業務管理を行うため)

今私が転職を考えている大きな理由は、デメリットの3番目に挙げた点です。
もちろん全ての現場で管理業務がゼロということではないです。が、そういった現場は少なく、管理業務の経験を積むことはなかなか難しいのが現状です。
仮にそういった案件があっても、そこに出向するのは今までに管理業務を経験している人が優先されるでしょう。

3度目の転職活動で、ようやく将来のことを考え始めた自分ですが、今までの経験が無駄になっているとは思いません。
今までがあったからこそ現在の課題や動機が生まれています。

転職活動を、自身を見つめなおす機会としても活用していきたいと思います。

コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました