ふと立ち寄った書店で「人生の転機」が訪れる!

体験談

民間での就業が困難に感じた状況について

私が、民間での就業が困難に感じた状況としましては、私が新卒で会社に入社して建設業での現場監督をいきなり任されたことから始まるものでありました。私は、建築の専門学校を卒業しまして、すぐに、建設業の会社に就職することとなりました。しかし、専門学校からいきなり建築現場での現場監督を任せられる形となりまして、そこで、下からの突き上げで、現場の先輩方から、心ない言葉を容赦ない言葉を数々浴びせられる形となりまして、心無いことを叱責を毎日浴びせられる状況で、この状況は本当につらいと思う形となりまして、現場職の監督としての仕事を投げ出してしまう形となりました。次に同じような建設会社に就職しても、また、同じようなことになるのではないかと思い、次に就職する会社のことで悩んでおりました。

ふと立ち寄った書店で人生の転機となったこと

私が建設業での監督職としてデビューしまして、下からの突き上げで心が折れてしまい、次にどうするか悩みました際に、失業給付金で3か月間については、何も考えることなく過ごしましたが、そこから先は全く将来の進路について考えることができない状況でした。ふと繁華街へ行きました際に、「自衛隊一般曹候補生」と言う過去問を見た時に私の中で衝撃的でありましたのは、「国家公務員」と言う肩書でありました。私は、学生時代にそんなに勉強してきた訳でもありませんでしたので、国家公務員と言う親方日の丸と言う言葉を昔聞いたことがあり、それらが繋がる形で、国家公務員である自衛官の採用試験に興味を持ちまして、年齢につきましても、25歳でありましたので、全然採用試験を受験できる年齢でありましたので、すぐに受験する準備を進めました。

自衛官候補生としてのスタートを切った私

建設業で挫折してしまい、完全に心が折れる形で、行き場を失ってしまった私でありましたが、ふと立ち寄った書店で、国家公務員と言う親方日の丸の元での素晴らしい職業を知ることができ、自衛隊の採用窓口となる入口としましては、非常に採用試験制度が豊富で、より階級の高さを意識しまして、採用試験に挑戦しようと思いましたが、採用試験の倍率に圧倒されてしまう状況となりまして、私としましては、一番下の中卒程度の採用試験となります自衛官候補生の制度となる任期制自衛官としての入り口の採用試験を受けまして合格することができましたので、そこからは、非任期制隊員となります一般曹候補生の部内試験に合格しまして、民間の頃とはかけ離れた待遇の良さに満足しながら、今現在でも自衛隊生活を満喫できております。

コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

コメント

  1. たまたま読んだ より:

    たまたままとめサイトから飛んできましたが、文章読みにくすぎです。
    せっかく良いこと書いているのに勿体ないです。
    不要な文言を消して一文をもっとすっきりさせたり、接続詞を使ったり、同じ言い回しを避けたり等々して文章の書き方を工夫すれば、もっと読者側の負担を減らしつつ、筆者の意見を伝えることができると思います!

タイトルとURLをコピーしました