私が転職をしたときの最悪な体験

体験談

私が転職した場所

私は過去に転職を何回か経験しています。そのときに印象に残った体験を紹介したいと思います。
最初に転職をしたときは、まだ若かったのもあり、すぐに転職をしたいと考えていました。ですので、逃げるように転職活動をしていたので、どこでもいいので適当に仕事を探していました。とにかく、近場で働けそうな場所に連絡し、面接を受けていました。条件はとくに気にしなかったので、3件目で採用が決まりました。それが最悪な事件のはじまりでした。
初日に仕事をしてからとにかく最悪な予感はしていました。まず、仕事の雰囲気が悪く、職場の女性たちがビクビクしているのです。私が仕事を始めるにあたり、挨拶しても、あまり良い反応がなく、イヤな予感がしました。

最悪な職場

その予感は仕事をして1週間で分かりました。少し仕事を覚えたのですが、何故か仕事量が多いなと思ったのです。そうしたら、なんと私に仕事を押し付けていたのです。年配の方は仕事を見るとボーっとしていたり、さぼっていたりしているのです。ですが、比較的若い子を見ると、ものすごく仕事に追われていたり、本当に大変そうでした。また、力仕事など、これは女子がするのか?という仕事までさせられており、あきらかにおかしかったのです。そして、日にちを追ううちに、私に仕事を堂々と押し付けてきて、少しでもミスをすると、ものすごい剣幕で怒ってきたり本当に最悪でした。私がやめたいと心の中で思ったら「すぐにやめたら、家まで押しかける」と脅され、本当に最悪でした。

最悪な職場での結末

すぐにやめるとイヤな感じがしたので、とりあえず、一ヶ月は様子を見ようと考えました。ですが徐々に悪くなり、私に対する嫌がらせも始まりました。私が黙々と仕事をこなしているのが気にさわったのか、あるときから無視されるようになりました。本当にムカついていたのですが、あと少しでやめようと思っていたので、我慢しました。そして、その後しばらくして、「良い大人が無視してんじゃねーよ」と面と向かって本人に言ってやめてやりました。みんな豆鉄砲をくらったような顔をしていたのですが、その場で帰り、仕事をやめました。本当にせいせいしたので、辞めたことに後悔はありません。それから、転職は慌てて適当にしてはいけないなと思いました。

コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました