一切後悔のなかった転職活動!

体験談

事実上初めての就職活動に!

振り返ってみれば、転職を決意する前の数年間は、ただただ漠然と仕事をしているような感覚でした。私自身、大学を卒業して以降ずっと同じレストランで働いていましたが、なんとなく物足りなさを感じていたのも事実。「このままじゃいけない」と思うようになったのは30歳を過ぎたあたりからです。実はレストランに就職したのも、大学生時代から続けていたことが理由です。色々と世話をしてくれた店長に誘われて、そのまま就職してしまったのです。私は、一念発起して生涯で初めての就職活動に乗りだしました。実は元々、ルート営業の仕事に興味関心を持っていました。しかしながら、どのようにして転職先を見つけたら良いのかがわかりませんので、苦労しました。

念願のルートセールスマンに!支えてくれたコーディネーター

色々と悩んでいた私ですが、転職サイトに登録することに決めました。やはり、転職についてのさまざまなアドバイスをしてくれる転職コーディネーターがいることが安心感につながります。驚いたのは、転職サイトへの登録に関しても全てネット上で済んでしまう点でした。私を担当してくれたコーディネーターによれば、感染症予防対策の意味合いも含めて、基本的にオンラインで行うということでした。私自身も前職を続けながらの活動を余儀なくされたため、オンラインでの相談はだいぶ助かりました。間もなく、置き薬のルートセールスの会社に転職することが叶いました。従業員数50名ほどの小さな会社ですが、私の希望通りの内容といえるのではないでしょうか。

やりがいに満ちた毎日!

私の担当コーディネーターは、本当に親身になって相談に乗ってくれる人でした。なぜなら、私のみならず、家族のことまで気にかけてくれていたからです。幸いながら、妻は私の転職には理解を示してくれており、後押しをしてくれたことも事実です。だからこそ、私も思い切って転職に踏み切ることができました。転職してから既に半年間ほど経過しましたが、おかげさまで順調に勤務できています。正直、医薬品を取り扱うだけに、学ぶことが多くあります。今さらながら、「薬剤師の資格を持っていれば良かった」と思うことも。上司や先輩からは毎日のように叱咤激励されていますが、私なりに頑張っています。妻からは「元気いいね」と言われることもしばしばです。

コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました