転職のきっかけと実際に起きた出来事がこちら!

体験談

コロナの影響で以前からの職を失い探すことに

私は会社でサラリーマンのような普通の生活でそれには満足していました。パソコンを使って情報処理をする仕事で他人とのコミュニケーションは少ない部類でした。私はその生活が続くと思っていてあまり他のスキルをレベルアップさせることはなかったです。
実際に仕事は上手くできていて失敗も少なくて向いていると感じました。パソコンをずっとやっていて個人的にも体への影響は少なかったです。しかし視力低下したので何回かメガネ買い替えをして大変でした。
ある時にいきなり仕事を辞めるように言われて大きなショックを受けました。いわゆるコロナ失業で会社が経営不振になっていたのです。
私はキャリアもそこまでなくて会社には必要ないと判断されました。

転職での壁や自分の持っているもの

転職といっても私は曖昧な考えで行動していました。周囲に会社は幾つもあって入れるかで悩みました。しかし家族と相談するとどこにも入れないような話が出て驚きました。
背景を調べるとやはりコロナの影響で経営不振のところが多かったのです。田舎に住んでいて都会に行くのはあまりにも危険だと思いました。
転職サイトを調べていくと自分のスキルを使えそうなところがありました。その他に家で仕事をするという選択もあって時代の変化を感じました。
私は転職の時にスキルを見直せたので良かったと思います。なぜなら仕事との相性を考えて前に向かって進めたからです。ポジティブな考えを持って行動すれば転職にも影響します。
当然のことながら失業で転職に踏み切るのは勇気も必要でした。

いきなりの転職で特に重要になった部分

転職ではパソコンを使える会社が良いと思って行動していました。それは以前と同じ情報処理やIT系で会社は絞られていました。実際に接客業は今は危ない状況で未来がないと思っていました。
私はパソコン使える会社に転職して仕事は以前と同じようなものでした。具体的には情報処理やデータ入力の仕事で無心になってやるものです。私にはこうした単純作業が向いていて転職でも同じだと感じました。
アドバイスとしては転職探しの時は無収入になるので生活が危なかったです。今は国でも副業をオススメしていて私も手を出しました。ネットがあればサイドビジネスができるので幾つも仕事を持つべきだと思いました。
転職をする時は行動しないと時間が経過するので意識が肝心です。

【2020年版】コロナ対策万全!おすすめの転職エージェント9選

記事では、「転職エージェントを利用する前に知っておきたいこと」について詳しく解説。そして「登録必須の転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「役員・幹部向けの転職エージェント」など、状況別でおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました